RSS | ATOM | SEARCH
最近飲んだビール達

ビール日記、日本のクラフトビールと外国のビール飲み比べです。

 

サントリーのクラフトビールシリーズのヴァイツェン。南ドイツ地方の伝統的なスタイル。ヴァイツェンはドイツ語で小麦の意味。上面発酵(エール)でとってもフルーティーでバナナのような香りでちょっぴりスパイシー。

 

ドイツのボックというハイアルコールのスタイルのビール。ポーラナー サルバトールと言います。カラメルや焼きたてのパンの様な香り。アルコール度数は8度。

 

麒麟のまろやかエール、しっかりしたボディでフルーティー。

 

イングリッシュペールエール。イギリスを代表するビールスタイル。バス ペールエール。ほのかなカラメルフレーバーでフルーティー。飲み頃の適温は12度くらいでちょっとぬるめです。

 

ベルギーのトリプルというビールスタイル。ヴァル デュー。ローストされた香ばしさとフルーティーさもある。アルコール度数は10度。

 

ベルギーのランビックビールの一つでリンデマン カシス。フルーツのカシスをつけこんでます。デザートビールで酸味があり、とてもフルーティー。ケーキ等にあいます。

 

日本のクラフトビールで埼玉の川越で作られているkoedoのキャラ。キャラメルのような香ばしさがありちょっとフルーティー。だけどスッキリ感があります。

 

captain crowのペールエール。柑橘系の香りが強くてかなりフルーティー。

 

ドイツのオッティンガーのヘーフェバイス。ヘーフェは白く濁った、バイスはヴァイツェン。バナナのような甘ーい香りで爽やかなビール。

 

サントリーのクラフトビールシリーズでゴールデンエール。エールのフルーティーさもありますがスッキリ系の味です。

JUGEMテーマ:おうちごはん

author:ヨシスタジオなか園, category:ビール日記, 10:55
comments(1), trackbacks(0), pookmark
     
Comment
お元気そうでなによりです♪
どさーっと雨が降ったり、蒸し蒸しな気候、そして何より暑い日々。
たっぷり水分補給して体には気をつけてくださいね〜〜〜!
ここちき, 2016/08/02 6:07 PM









Trackback
url: http://blog.yoshistudio.oops.jp/trackback/1089430