RSS | ATOM | SEARCH
ホーチミンとアンコールワット6日間の旅1
 2015年8月21日(金)
VN(ベトナム航空)301便にて成田からホーチミンへ。
朝9時半フライトのはずが約2時間遅れで飛行機が飛びました。10時半ぐらいだったかな。ホーチミンに到着したのは現地時間で午後3時半ぐらい、約5時間のフライトでした。
その後、ルネッサンス・リバーサイドというホテルに。
着いてすぐに水上人形劇の鑑賞とサイゴン川ディナークルーズに出発という強行スケジュール。

水上劇の写真はありませんが、もぐって人形を操るもので、伝統的なお話だったようです。言葉がわからないのでよく解りませんでしたが、素晴らしいテクニックと伝統音楽で楽しめました。

その後のディナークルーズも日本人の舌に合わせているのか美味しいベトナム料理でした。
ディナークルーズの波止場にて。

ディナークルーズでオーダーした地元のビール、サイゴンビール。お味はライトなラガーという感じでした。

8月22日(土)
ホテルでのビュッフェスタイルの朝食の後、ミトーメコン川とホーチミン市内観光です。

メコン川のツアーです。ここから船にのり出発。

メコンの有名な養蜂場ということです。持っているのは養蜂の蜂。ロンガン(竜眼)という果物の花の蜂蜜でさらっとした蜂蜜です。お土産に買いました。

メコン川のジャングルツアー。まるでディズニーランドみたいでした。

ジャングルツアーの後のお土産屋。というかココナツキャンデーを作っている所です。超オーガニックなキャンデーです。キャラメルの様な感じです。ナッツが混ざっていて美味しいです。

昼食です。メコン川で養殖している魚でエレファントフィッシュの料理です。
まる揚げしたエレファントフィッシュの身と野菜、米粉をライスペーパーに巻いてたれにつけて食べます。たれは酸味と辛みがあってとても美味。
他の料理もナンプラーを使った味つけでとても美味しかったです。

市内観光!
サイゴン大教会

ベンタン市場です。トルコのバザールのような感じのところで、小さい店がひしめきあっています。果物等の食料も売っていて、あのドリアンの香りが充満していました。凄いにおい!

8月23日(日)
ホテルの朝食の後、午前中は自由時間でしたので、ホテルの近所のドンコイ通り等を散策。
ホテルのビュッフェ。

ホテルの朝食(ビュッフェ)の果物。色々あって面白いです。
上の左からドラゴンフルーツ、マンゴー、パッションフルーツ、2列目左からジャックフルーツ、パパイヤ、3列目左からスイカ、ロンガン(竜眼)、モンキーバナナです。

ホーチミン、ルネッサンス・リバーサイドホテルの中の吹き抜けを最後に撮影。
綺麗なホテルでした。

リバーサイドホテルの部屋からの風景。

さて、ベトナム航空で午後4時半、ホーチミン発、カンボデイアのシェリムアップ空港へ。
シェリムアップについたのが午後5時半。すぐにホテルへ。
カンボディアのシェムリアップにあるアンコール・パレス・ホテルに到着。
ホテルに着いてからホテル内を散策、あたりはすぐに暗くなってしまいました。ホテルのプールサイドのバーでアンコールビールとオレンジジュース、ピザを注文。ピザは美味しかったですが、多分、タイのスイートバジル(バイ ホーラーパー)が、イタリアンバジルの代わりに使われていたと思います。でも。あの独特の香りがうまくマッチしていてとてもいい感じでした。






author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 12:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
     
Comment









Trackback
url: http://blog.yoshistudio.oops.jp/trackback/1089402