RSS | ATOM | SEARCH
スリランカ旅行2 7月27日(水)

7月27日(水)

午前はシギリヤロックの観光

シギリヤロックにある壁画のレプリカ。本物は撮影不可です。

 

後ろに見える岩山を登ります。

 

 

ライオンの足。ここから頂上へ登ります。

 

頂上の一番高い場所。

 

 

ホテルの方に戻り象に乗りました。

 

お昼です。ストリングホッパーにライスに様々なカレー

 

午後はポロンナルワヘ

ランコトゥ・ヴィハーラ。仏舎利です。

ランカティラカ寺院。中に頭のない巨大な仏像があります。

 

頭のない巨大な筒象。高さ56メートル

 

ガルヴィハーラ。巨大な花コウ岩を彫り込んで造られた4体の仏像。

涅槃に入る仏像の前で記念撮影。お尻を向けてはいけません。

 

 

夕方から野生の象を観察するジープでいくツアーに参加。

野生の象なのであまり近づくと危険なので遠くの方から撮影です。

 

雨が降ったり止んだりしていましたが、夕方なんと虹が見えました。

 

 

author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 11:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スリランカ旅行3 7月28、29日

7月28日(木)

午前中は世界遺産ダンブッラへ。

ダンブッラの石窟寺院は紀元前1世紀、アヌラーダプラを追われたワラガムバーフ王が修行僧の住居だった洞窟を寺院にしたもの。石像や壁画がたくさんあります。18世紀のキャンディ王国時代に最後の修復がされたところ。

洞窟の中であまり写真が撮れませんでしたが、ものすごい数の仏像がありました。

 

お昼に飲んだアンカーのストロングスタイルのビール。アルコール度数は8度。でも、フルーティーでした。

 

午後はスパイスガーデン観光で色々楽しみました。

 

夕方キャンディの仏歯寺へ。

1603年、仏歯を祀るために建造された仏教寺院。シンハラ王朝最後の王、スリー・ウィクラマ・ラジャシンハが完成させたもの。

 

聖なる仏歯を祀る部屋の扉が開くプージャです。

 

7月29日(金)

ピンナワラの象の孤児院へ。

1975年2月に、初めて受け入れた5頭の象をきっかけに、迷子になったり、親を失った野生の象を保護する目的でスタートしたところです。

 

この後はコロンボに行き観光したのちギリギリのスケジュールで空港へ移動。移動時間が長くて出発の1時間前に空港に到着。セキュリティーが3回もあり、買い物をする時間もなく慌てて飛行機に乗り成田へgoでした。

author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 10:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スリランカ旅行1 2016年7月25〜26日

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler

 

7月25日(月)から7月30日(土)までスリランカ旅行に行ってきました。

7月25日の朝、成田から11:20発のスリランカ航空で出発。スリランカのコロンボ空港についてのが17:00過ぎぐらい。現地ガイドの案内でホテル(Pegasus reef)へ。ホテルまでの途中でスーパーに寄ってくれました。

 

スーパーでみた料理用のバナナとバナナの花。カレーの材料だそうです。

 

茄子!

 

リカーショッップにも寄ってくれました。鉄格子の店先で購入したのは、現地のラガービールでライオンビールとOld Reserveという名のココナッツ・アラックという酒。35度あります。甘い香りのする焼酎のような酒で炭酸と氷で割って飲みます。美味しかった!

 

翌朝7月26日(火)ペガサス・リーフホテルでの朝食です。ストリングホッパーという米粉とココナツミルクの麺に何種類かのカレーです。

 

ホテルから車でアヌラーダプラへ。40㎢以上におよぶ、遺跡が点在している地域です。ホテルから現地まで2時間以上かかりました。もの凄く遠い!

途中、寄ってくれたヒンズー教のお寺。左からシバ神、ヴシュヌ神、ハヌマーン神です。

 

お寺にいたクジャク。

 

ガイドさんが道ばたで売っていたランプータンを買って、ツアーの皆にプレゼントです。甘くて美味しかった!

 

やっと現地に着きました。最初はイスルムニヤ寺院。馬と豊穣の神パリジャニ。

 

イスルムニヤ寺院の涅槃に入った仏陀。紀元前3世紀に岩山を利用して建造。壁画には悲しむ弟子達の姿。

 

イスルムニヤの恋人。階級の違う2人の恋物語。

 

仏陀の足跡

 

スリー・マハー菩提樹。釈迦が悟りを拓いた時に陰を作ってくれた菩提樹の分け木が育ったもの。樹齢約2300年。沢山の人がお祈りをしていました。

 

ミリサワティ・ダーガバ。仏歯が入っていた仏舎利。

 

author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 11:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
小浜島はいむるぶし
6月4、5、6日 沖縄の八重山諸島にある小浜島に行ってきました。はいむるぶし(はいー南、むるー群れる、ぶしー星で、南十字星)というリゾートです。
敷地が広くて、カートでないと移動が大変なところです。

羽田から那覇空港へ。ここから石垣へトランジットです。


石垣空港について、空港で食事です。沖縄のそばです。私は野菜そば。


石垣から小浜島まではフェリーです。石垣の離島ターミナルで乗船待ち。

やっとはいむるぶしに到着です。








地元のオプションで、シュノーケリング。満潮になると沈んでしまう幻の島へ。海の中はとてもきれいでした。目の前に極彩色の魚が乱舞していました。






はいむるぶしホテル内の食事です。

6日の帰りは石垣島へ行き石垣空港から羽田へ直行です。

私が食べたタコライス。

かみさんの食べた石垣牛のハンバーガー。
author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 09:57
comments(1), trackbacks(0), pookmark
松島と仙台の旅
今回の旅は新幹線で仙台に行き、松島と仙台を楽しんできました。

4月27日(水)

まずは松島にある円通院。名庭園のある所です。伊達政宗の嫡孫、光宗君を祀っています。


馬上束帯光宗像





円通院の隣にある瑞巌寺に行きます。


円通院から瑞巌寺に向かう途中見つけた抹茶ビール!ヴァイツェンビールに抹茶でした。ヴァイツェンのバナナのようなフルーティーな香りに抹茶がよく合います。グラスもヴァイツェングラスなのが気に入りました。


瑞巌寺です。伊達政宗公が建てた臨済宗妙心寺派のお寺です。中は国宝で撮影禁止でした。



庫裏は台所だそうです。



お昼は牡蠣!牡蠣丼に焼き牡蠣、牡蠣フライ!!



瑞巌寺の五大堂


遊覧船で松島を堪能。


途中で見つけた信州の地ビール。エクストラペールエールです。

松島のホテル、一の坊での晩ご飯。



ホテルのサウナで思いっきり汗をかいたあとなのでほんとに美味しかった。

4月28日(木)
翌日仙台に行き、ループル仙台という仙台市観光シティループバスにのって伊達政宗公の霊屋、瑞鳳殿へ。


この日は雨が1日中降っていたので仙台のアーケードや仙台駅の中をウロウロして終了となりました。


仙台のお土産ビールを台所で。
ペールエールです。
author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 12:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
姫路城、倉敷、尾道、広島平和記念公園の旅
バスツアーの旅です。3日間で兵庫、岡山、広島の3県を旅しました。
まずは羽田から全日空で大阪の伊丹空港に。そこからバスで兵庫県の姫路城へと出発。

3月27日(日)
姫路城
とにかく真っ白!天守閣に到達するまで、攻めて来る敵がどんどん倒されていく色々な仕掛けが随所にあります。また途中、迷路の様になりどちらが目指す天守閣かわからなくなる作り。右往左往している敵がまた、ねらわれます。
この日は湯郷(ゆのごう)温泉に宿泊

3月28日(月)岡山県の倉敷
倉敷は以前にも来た事があり、倉敷紡績の倉敷アイビイスクエアに泊まった事があります。今回は町を散策するだけ。

倉敷紡績の最初の工場後。今はショップになっています。

倉敷館(観光案内所)

倉敷の後は岡山県に移動して尾道です。尾道の穴子重でお昼です。

尾道の風景

いい眺めでした。

続いて広島県に移動。広島平和記念公園です。
原爆ドーム

平和の鐘

原爆で亡くなった日本に徴用されていた朝鮮の方の慰霊碑。約3万人亡くなったそうです。

原爆の子の像/佐々木禎子さん

世界平和が訪れますように。
平和の火は1964年の東京オリンピックの時から一度も消えずに燃え続けています。今、世界には原子爆弾がなんと15,000発近くもあるんです。その全ての核爆弾が地球上から無くなるまで火は燃え続けるということです。

3月29日(火)広島県、安芸の宮島

昼食はやはり牡蠣です。最高に美味かったあ!
焼き牡蠣に牡蠣フライがメインです。

合わせたビールはクラフトビールで宮島ビールのペールエール。ペールエールはイギリスのビールのスタイルでとてもフルーティー。バナナの様な香りがして飲みやすく女性にも人気があります。爽やかなビールでフィッシュ&チップスがあいます。もちろん牡蠣にも抜群の相性でした。

日本一大きなしゃもじ。1本の木から作られています。



author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 13:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
遠州三山紅葉めぐりと香嵐渓の旅
 バスツアーで紅葉めぐりしてきました。
2015年11月16日

<法多山尊永寺>

<油山寺>
橘右近師匠の札を発見!大鵬の横!!

<可睡斎>
今度は、橘右太治さんの札を発見。蒲郡で寄席文字の先生をしています。

11月17日
<香嵐渓>

<八丁味噌蔵>
お土産の赤味噌買いました。東京ではなかなか手に入らない赤味噌です。

<小国神社>
宮川沿いの約1000本の紅葉が有名なところです。

author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 13:00
comments(1), trackbacks(0), pookmark
ホーチミンとアンコールワット6日間の旅3
8月25日(火)
観光の最終日。
アンコールワットの朝日を観にいきました。なんとホテルを朝の4時半に出発です。
素晴らしい景色を堪能させてもらいました。
 
アンコールワットの朝日を観た後は、一度ホテルに戻り朝食。

再びアンコール遺跡の観光。東メボンとバンテアイスレイ遺跡の半日観光。
東メボンです。東バライの中心寺院。

東メボンに象の像が。

東メボン。

次はアンコール・トムから北方向20キロに位置するバンテアイ・スレイ。
一番彫刻が綺麗いに残っている所です。
東洋のモナリザと呼ばれるデヴァター(女神像)。

この後は、タイ料理の昼食。ビュッフェスタイルでした。料理はタイ料理?という感じで、唯一イエローカレーがそれらしい感じで後は普通に美味しいビュッフェでした。

昼食後はホテルに戻りプールで遊んで楽しい時間を過ごしました。
荷物をまとめチェックアウト!!
その後、シェリムアップ空港へ。
8/25
シェリムアップ発 21:35 VN814便
ホーチミン着   22:40
8/26
ホーチミン発   00:15 VN300便
成田着       8:00

お疲れさまでした!

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler     


author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 11:38
comments(2), trackbacks(0), pookmark
ホーチミンとアンコールワット6日間の旅2
8月24日(月)
ホテルの朝食の後。いよいよアンコール遺跡観光です。
まずはアンコールトム遺跡観光 
アンコールトムの城門、南大門です。

南大門までの通路です。大蛇の綱引きらしいです。

アンコールトムの中心、バイヨン寺院です。

バイヨン寺院の49の四面仏、クメールの微笑み。

アンコールトムの中のバプーオン。ピラミッド型の寺院です。

アンコールトムのピミヤナカス寺院。

ピミヤナカスを抜けた所にある象のテラス。

次はアンコールトムからちょっと離れたところにある、タ・プローム。発見された時からあえて修復されずに保管されているので、ガジュマルの樹の根がはっています。映画「ツーム・レイダー」のロケ地
いくつか、このような場所があります。

土産物屋さんに寄った後、昼食。

昼食の後は暑いので、ホテルに戻り休憩。そして午後再び出発。
いよいよ、アンコールワットの観光!!

アンコールワットの後は東にあるプレ・ループへ。

プレ・ループの中。

プレ・ループからの夕日が有名ということで、夕日を拝みました。

夕食はあアプサラダンスを観ながら。ビュッフェスタイルでした。


author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 11:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ホーチミンとアンコールワット6日間の旅1
 2015年8月21日(金)
VN(ベトナム航空)301便にて成田からホーチミンへ。
朝9時半フライトのはずが約2時間遅れで飛行機が飛びました。10時半ぐらいだったかな。ホーチミンに到着したのは現地時間で午後3時半ぐらい、約5時間のフライトでした。
その後、ルネッサンス・リバーサイドというホテルに。
着いてすぐに水上人形劇の鑑賞とサイゴン川ディナークルーズに出発という強行スケジュール。

水上劇の写真はありませんが、もぐって人形を操るもので、伝統的なお話だったようです。言葉がわからないのでよく解りませんでしたが、素晴らしいテクニックと伝統音楽で楽しめました。

その後のディナークルーズも日本人の舌に合わせているのか美味しいベトナム料理でした。
ディナークルーズの波止場にて。

ディナークルーズでオーダーした地元のビール、サイゴンビール。お味はライトなラガーという感じでした。

8月22日(土)
ホテルでのビュッフェスタイルの朝食の後、ミトーメコン川とホーチミン市内観光です。

メコン川のツアーです。ここから船にのり出発。

メコンの有名な養蜂場ということです。持っているのは養蜂の蜂。ロンガン(竜眼)という果物の花の蜂蜜でさらっとした蜂蜜です。お土産に買いました。

メコン川のジャングルツアー。まるでディズニーランドみたいでした。

ジャングルツアーの後のお土産屋。というかココナツキャンデーを作っている所です。超オーガニックなキャンデーです。キャラメルの様な感じです。ナッツが混ざっていて美味しいです。

昼食です。メコン川で養殖している魚でエレファントフィッシュの料理です。
まる揚げしたエレファントフィッシュの身と野菜、米粉をライスペーパーに巻いてたれにつけて食べます。たれは酸味と辛みがあってとても美味。
他の料理もナンプラーを使った味つけでとても美味しかったです。

市内観光!
サイゴン大教会

ベンタン市場です。トルコのバザールのような感じのところで、小さい店がひしめきあっています。果物等の食料も売っていて、あのドリアンの香りが充満していました。凄いにおい!

8月23日(日)
ホテルの朝食の後、午前中は自由時間でしたので、ホテルの近所のドンコイ通り等を散策。
ホテルのビュッフェ。

ホテルの朝食(ビュッフェ)の果物。色々あって面白いです。
上の左からドラゴンフルーツ、マンゴー、パッションフルーツ、2列目左からジャックフルーツ、パパイヤ、3列目左からスイカ、ロンガン(竜眼)、モンキーバナナです。

ホーチミン、ルネッサンス・リバーサイドホテルの中の吹き抜けを最後に撮影。
綺麗なホテルでした。

リバーサイドホテルの部屋からの風景。

さて、ベトナム航空で午後4時半、ホーチミン発、カンボデイアのシェリムアップ空港へ。
シェリムアップについたのが午後5時半。すぐにホテルへ。
カンボディアのシェムリアップにあるアンコール・パレス・ホテルに到着。
ホテルに着いてからホテル内を散策、あたりはすぐに暗くなってしまいました。ホテルのプールサイドのバーでアンコールビールとオレンジジュース、ピザを注文。ピザは美味しかったですが、多分、タイのスイートバジル(バイ ホーラーパー)が、イタリアンバジルの代わりに使われていたと思います。でも。あの独特の香りがうまくマッチしていてとてもいい感じでした。






author:ヨシスタジオなか園, category:旅行記, 12:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark